Kisei Kobayashi of LibroArte

小林紀晴_写真と生活.jpg

写真と生活
小林紀晴

1,028円(税込)|174×110㎜(新書版)|262ページ|ソフトカバー
ブックデザイン 戸倉巌、小酒保子(トサカデザイン)

ISBN 978-4-89610-209-3


Living Photography(Photo Essay)
Kisei Kobayashi
(Only Japanese Book)

1,028JPY|174×110㎜|262 Pages|Soft Cover
Book Design Iwao Tokura, Yasuko Kosaka(Tosaka Design)

paypalボタン.png
Book+Japan shipping 1,278JPY

paypalボタン.png
Book+World shipping 1,528JPY

2017-06-01

詳細/Discription

昨年日本カメラに連載されたエッセイを書籍化したものです。現在活躍している12名の写真家にインタビューして、写真家の体験と経験からでた声のなかから、写真と生活していくことが果たしてどういうことなのかを面と向かってインタビューしています。「この本を書くにあたり、写真を始めたばかりの人、これから始めようとしている人に読んでもらいたいという思いがあった。」と小林氏はあとがきで書いています。

This book is based on the serialized essay in Nippon Camera in 2011.In this book, he interviewed 12 living photographers and from their episodes tried to consider what it means to live with photograpy.“In writing this book, I thought I wanted beginners and people taking up photography to read it” writes Kobayashi in the afterwork of this book.


ー目次ー

平間至     光と影と再生   
野村佐紀子   どこでもなく いつでもなく でも絶対どこか  
亀山亮     八丈島発 忘れられた戦争  
藤代冥砂    動から静へ 外から内へ そして遠くへ  
金村修     黒いサングラスとプラウベルマキナを持った男  
宮下マキ    生きるあなたを撮りたい  
高木こずえ   生と死の間の空間がキラン☆ってなる感じ  
ERIC     カメラは世界認識のための武器 撮影は戦い  
山田敦士    いま、僕たちができることをやる  
本城直季    自分は作られた街に住んでいる  
瀧本幹也    永遠の写真少年  
石川直樹    漠然と「世界」に行ってみたかった  
小林紀晴    あとがき     

Contents

Itaru Hirama Light, shadow, and rebirth

Sakiko Nomura Not “where”, not “when”, but certainly somewhere at sometime

Ryo Kameyama From Hachijo Island―a forgotten war

Meisa Fujishiro Stillness to movement, internal to external, and to a distance

Osamu Kanemura The man with dark sunglasses and the PLAUBEL makina in his hands

Maki Miyashita I want to take a picture of you being present

Cozue Takagi The sense of glitter between life and death

Eric A camera is a weapon for the recognition of the world: Taking snapshots is a war

Atsushi Yamada Do what we can do right now

Naoki Honjo I live in the artificial town

Mikiya Takimoto A camera-obsessed boy forever

Naoki Ishikawa I vaguely wanted to venture into “the world”

Kisei Kobayashi Afterword

プロフィール/CV

1968年長野県茅野市生まれ。東京工芸大学短期学部写真科卒業後、新聞社にカメラマンとして入社。91年よりフリーランス。95年『ASIAN JAPANEASE』でデビュー。アジアを多く旅し、作品を制作。2000年12月〜2002年1月までニューヨーク滞在。97年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。2000-2002年渡米(N.Y)。写真集、著書に『homeland』『days new york』『SUWA』『はなはねに』『父の感触』『十七歳』『昨日みたバスに乗って』など多数。

Kisei Kobayashi was born in Nagano in 1968. After graduating Tokyo Polytechnic University, he started to work in a newspaper company as a photographer.
He made his debut with “ASIAN JAPANESE” in 1995 after turning freelance in 1991.In 1997, he won Newcomer’s Award of the Photographic Society of Japan for “DAYS ASIA”.He produced many works including “homeland”, ”days new york ”, ”SUWA”, and “Hanahaneni: Life goes Full Circle”.

Kisei Kobayashi HP

ページトップへ