Saul Leiter : In Stillness

HOME > Saul Leiter : In Stillness SE

01_20200809Saul_Leiter_In_Stillness_特装版22031.jpg

Saul Leiter: In Stillness 
井津由美子写真集 特装版(限定40部)

49,500(税込)|300×220㎜|120ページ|上製本
布貼化粧箱入り| オリジナルプリント1枚(サイン入、エディションなし) 
アートディレクション おおうちおさむ(ナノナノグラフィックス)
企画協力 佐藤正子(コンタクト)


Saul Leiter: In Stillness
Yumiko Izu Photobook Special Edition Limited to 40 copies

49,500JPY|300×220㎜|120 Pages | Hard cover
Cloth pasting box | 1 original print (signed, no edition)
Art Director : Osamu Ouchi(nano/nano graphics)
Planning cooperation:Masako Sato(CONTACT)

Saul142_YumikoIzu.jpg

 1

SL92_YumikoIzu.jpg

 2

SL65_YumikoIzu.jpg

 3

SL66_YumikoIzu.jpg

 4

プリントは上記の4種類よりお選び下さい。
プリントは各10点です。各プリントにはサインがあります。

paypal837B835E8393.png

paypalボタン.png
写真集+国内送料 50,500円

[支払]
ペイパル、コンビニ、銀行振込に対応しています。
[発送]
1週間以内に発送いたします。



paypal837B835E8393.png
Book+World shipping 53,500JPY


【Payment】
We accept payments only by PayPal.
【Delivery Time, Risk, Duty of Disclosure】
Delivery from Japan takes between 10 and 30 working days for deliveries abroad according to destination.
【Risk】
The risk shall pass over to the customer as soon as the products are handed over to the shipping agent, carrier or the person or institution appointed to deliver the products. If you do not receive the product in a month after your order, please contact us by e-mail. In case of mistaken delivery or defectiveness, Please inform us of the return of the product. In other cases, postage for returns is to be paid by customers.


ステイトメント/Statment

ソール・ライターに初めて私が出会ったのは、ニューヨークのハワード・グリーンバーグギャラリーのキッチンだった。ソールからアパートメントに遊びにきたらどうかと誘われた私は、彼の作品に強く惹かれていたこともあり、招待に快く応じた。ソール・ライターの魅惑的で創造性に満ちた場所に、この後何度も訪れることになるとは、その時の私にはまだ知る由もなかった。

ソールのイーストヴィレッジのアトリエ兼アパートメントを訪れる度に、楽しくインスピレーションに溢れる時間を彼と一緒に過ごした。私たちは、アートプロジェクトや昨今に起きた様々な事件、古い浮世絵のこと、猫のことなどを語り合った。笑みをたたえたやさしい眼差し、ウイットに富んだ会話、コーヒーの香り、部屋には物があふれていて、そこに空からの光が降り注いでいた様子を思い出す。長い時の流れが、背の高い北向きの窓に、ひび割れた石膏の壁のひだに、うず高く積まれた絵とコラージュ間に、ひっそりと染み込んでいるようだった。

ソール・ライターは、1952年に東10丁目に移り住んで以来、人生のパートナーで画家でもあったソームズ・バントリーと、半世紀近い時間をこのアパートメントで一緒に過ごした。2013年の11月26日に、享年89歳で馴れ親しんだこの場所から安らかに旅立った。ソールが亡くなった3週間後に、彼の相続人であるマーギット・アーブからの許可を得た私は、ソール・ライターが同じ建物内に所有していた2つのアパートメント4号室、15号室を撮影した。すべてはソールが生きていた頃と何ひとつ変わらない様子で、生前の状態のままに保たれていた。そこには深い静寂に満ちていたが、ふとした瞬間にソールの気配を感じることがあった。窓辺に置かれたペインティングの道具、棚の中のカメラ、椅子に掛けられた帽子やマフラーは、主人が戻って来て使われるのを待っているかのようだった。ソールが旅立った数ヶ月後にアパートメント4号室はなくなり、今日では15号室がソール・ライター財団事務所として残っている。

それから5年後の2018年から2019年にかけて、ソールの残した遺品を、ソール・ライター財団の全面的な協力を得て再び撮影することになった。写真家であり画家であり詩人でもあったソールは、膨大な数のものを残した。カメラとプリントとスライドと未現像フィルム。油絵と水彩画とスケッチブック。時計と手紙と詩。書物とユダヤ聖典。日本製の藁のブラシと鍵。ソール・ライターが生前に愛したものたちは、彼のアーティストとしての私的な人生を教えてくれる。ソームズへの敬愛を、両親への悲哀を、妹への苦悩を、密やかに暗示する。

『Saul Leiter: In Stillness』はイーストヴィレッジにある彼の仕事場や住居空間や中庭、彼が愛おしみ大事にしてきた遺品を通して、ソール・ライターの人生を辿るプロジェクトだ。ソールは煉瓦造りの建物が並ぶ数ブロックの狭いエリアで、彼の周りに存在するたくさんの美しいものを見出した。「神秘的なことは、身近な場所で起きる」という彼の言葉をそのまま体現するかのように。この作品を通して、謎が多いソール・ライターの人生に、新たな光を当てることができれば幸いだ。

井津由美子


I met Saul Leiter for the first time in the kitchen at Howard Greenberg Gallery in New York. He invited me to his home, and as a great admirer of his work, I gladly accepted. I didn’t know yet that I would visit his enchanting and creative space many times over.

When I visited Saul’s apartment in the East Village, it was a magical experience. We talked about art projects, current affairs, old Japanese woodblock prints, and cats. The conversation was full of humor, laughter, and inspiration. A gentle glance with a smile, the scent of coffee, and the room always overflowing with the light from the sky. I always found myself drawn to the tall glass windows and cracked plaster walls which embodied the passage of time.

Saul moved to East 10th Street in 1952, and for more than four decades he and his companion Soames Bantry shared a life of art. Saul died at home peacefully on November 26, 2013, at the age of 89. Three weeks after Saul’s death, I was granted permission by Margit Erb, the director of the Saul Leiter Foundation, to photograph the inspirational interior of his apartments. Apartments No. 4 and No. 15 were filled with a profound silence, yet I felt his spirit in the air and in the objects he left behind. There were painting tools by the large window, cameras in the cabinet, a hat and scarf on his favorite chair. It seemed that they were waiting for their owner to come back. Today, apartment No. 15 remains as the headquarters of the Saul Leiter Foundation.

Five years later, the foundation permitted me to return and continue photographing Saul’s belongings. He left a myriad of photographs, paintings, watercolors, sketchbooks, cameras, undeveloped film, color slides, watches, letters, poems, books, religious items from his father’s archive, little straw brushes, and keys. Saul’s objects tell us about his life as an artist. They reveal his deep love for Soames and his complex relationship with his parents and his sister.

Saul Leiter: In Stillness helps to tell Saul’s story by depicting the interior and exterior of his living and working spaces in the East Village. Within a few blocks of his home, he found beauty all around him, bringing to life his belief that “mysterious things happen in familiar places.” It is my hope that the world will discover another facet of Saul Leiter through my work.

Yumiko Izu


プロフィール

井津由美子(いづゆみこ)写真家

井津由美子1968年大阪府生まれ。ニューヨーク在住。1998年アメリカ、カリフォルニア州のブルックス大学写真学科を卒業後、ニューヨークで広告写真から写真家のキャリアをスタート。2003年より8x10インチと11x14インチの大型カメラでプラチナ・パラディウムプリント技法による<Secret Garden>シリーズを制作開始。2016年、<Secret Garden>と<Faraway>を収録した写真集『Resonance』をSerindia Contemporaryより出版。2017年から2018年にかけて、微細な鳥の巣と羽根の抽象的イメージで成り立つ<Icarus>シリーズを東京、台北、バンコク、サンタフェ、パリのギャラリーで発表。2020年1月に東京のBunkamuraザ・ミュージアムで開催された「永遠のソール・ライター」展において上映されたプロジェクションに作品を提供。『Saul Leiter: In Stillness』を東京、京都で発表予定。2007年にニューヨーク州ウッドストックのセンター・フォー・フォトグラフィー奨学金受賞、サミュエル・ドースキー美術館に作品が収蔵される。


Yumiko Izu studied at the Visual Arts School in her hometown of Osaka, Japan, and later moved to the United States, where she obtained her B.A. from the Brooks Institute of Photography in California. In 1998 she relocated to New York City, where she worked in commercial and editorial photography before launching her fine art career in 2003, using 8x10 and 11x14 large-format cameras and the platinum/palladium printing process. In 2016, two of her series, Secret Garden (2011) and Faraway (2014), were published by Serindia Contemporary in a book titled Resonance. Both pay homage to the yin and yang of life; the former through the fleeting life cycle of flowers and the latter through a quiet study of animal skulls. Her avian-inspired Icarus (2017)—which was shown in Tokyo, Taipei, Bangkok, Santa Fe, and Paris—is another exploration of the dualities of life and death. Two bodies of work compose this series: detailed platinum prints of birds’ nests taken with a large-format camera and more abstract images rendered using the camera-less photogram method. Her latest color work, Saul Leiter: In Stillness, a visual story of the American artist, will debut in Tokyo and Kyoto in 2020. Izu is a recipient of the 2007 Photographers’ Fellowship from the Center for Photography at Woodstock and has held numerous exhibitions in the United States and Japan. She currently lives and works in Rhinebeck, New York.