立木義浩写真集特装版

HOME > 立木義浩写真集特装版

30120376_1704648892915551_1592789222_n.png

立木義浩写真集「舌出し天使」特装版予約販売 限定80セット
Yoshihiro Tatsuki Photobook “A Fallen Angel” Special Edition Pre-Order

59,400円|270×255㎜|120ページ|上製本|布貼化粧箱
予約特典:オリジナルプリント1枚(ゼラチンシルバープリント、サイン入り)、送料無料
テキスト:草森紳一
アートディレクション:加藤勝也
予約販売締切:2018年9月30日(日)
59,400JPY | 270×255㎜|120 pages|Hardcover
With Original Print( Gelatin silver print) and discount of 500JPY
Text:Shinichi Kusamori
Art Direction Katsuya Kato

076imgh110.jpg


A(0/16)

067imgi609.jpg


B(0/16)

068imgo988.jpg


C(0/16)

040imgl021.jpg


D(0/16)

004imgl371a.jpg


E(0/16)

プリントは上記の5種類よりお選び下さい。
プリントは各16点です。各プリントにはサインがあります。

59,400円
特装版写真集
paypal837B835E8393.png

63,000JPY
book+World shipping
paypal837B835E8393.png

【Payment】
We accept payments only by PayPal.
【Delivery Time, Risk, Duty of Disclosure】
Delivery from Japan takes between 10 and 30 working days for deliveries abroad according to destination.
【Risk】
The risk shall pass over to the customer as soon as the products are handed over to the shipping agent, carrier or the person or institution appointed to deliver the products. If you do not receive the product in a month after your order, please contact us by e-mail. In case of mistaken delivery or defectiveness, Please inform us of the return of the product. In other cases, postage for returns is to be paid by customers.

詳細/About

「舌出し天使」は1965年4月号『カメラ毎日』に56ページにわたり掲載されました。立木27歳の鮮烈のデビューとなりました。当時の編集長山岸章二氏の判断で掲載が決まったと聞いています。写真構成には和田誠氏、詩を寺山修司氏、解説に草森紳一氏と錚々たるメンバーでした。
今回の写真集には当時掲載された62点に加えまして未収録のカット24点で構成いたします。

草森紳一氏による解説(昭和40年当時の原文)

夢を見ている時、いくら奇妙であっても私たちは波間に漂うイカダのようにただ運ばれていくにすぎないが、この「舌出し天使」のページも波間のイカダのようにめくっていきたい。少女が星条旗をからだにまきつけて魔法使いよろしくほうきにまたがっても、決して文明批判などと考えないでほしい。夢の観客であってほしい。立木義浩も夢の運転者であると同時に観客なのだ。この写真集の新しさはそこにある。これは従来の数々の主観写真、心象写真などともちろん異なっている。彼は、写真が文学や絵画の弾力を受けないこと、つまり象徴におちいりがちなセンス(意味)と構図の魅惑を一応放棄したのだ。また一般には写真の本質とは、記録性・報道性であるという神話がある。というよりそれは、母の懐みたいなものだ。立木はセンスを放棄することによりこの懐(記録性)にも接近した。これは一群のフォト・ストーリーのよき仲間ではない。そう見えなくもないのは、1人の少女におこった肉体と心理のメカニズムの遭遇を連続して記録しているからだ。故意を避ける姿勢であり、このナンセンスとの集中的めぐりあいは、ストーリーというよりドキュメントなのだ。この少女がいかにユーモラスで悲しげであっても彼女のせいではなく、27才の立木義浩のある決算報告であり、ヤケドの跡なのだ。

出典 1965、4月号 立木義浩写真集「舌出し天使」 「カメラ毎日」

When we dream, no matter how strange the dream is, we are only carried along by it as a raft adrift on waves. Turn the pages of A Fallen Angel too as if you were a raft adrift on waves. Don't think for a minute that the girl with the stars and stripes wrapped around her body straddling a broomstick in the manner of a witch is a critique of civilization. Be a spectator of dreams. Yoshihiro Tatsuki is a driver of dreams and at the same time a spectator as well. Therein lies the newness of this photograph collection. Of course, his photographs differ from the great number of subjective photographs and photographs of images that appeal to the heart of the photographer. Tatsuki tentatively abandons the sort of photograph that is not affected by the elastic force of literature and pictures, in other words the fascination of intuitive feeling (meaning) and composition that tends to fall easily into symbolism. And there is the myth that the essence of the photograph is to record and inform. More aptly, it is like the thoughts a mother holds in her heart. By abandoning intuitive feeling, Tatsuki also draws near to these thoughts (recordability). The photographs are not a group of good friends that tell a photo story. They may seem to be because they record a series of encounters of physical and psychological mechanisms that happen to one girl. This approach avoids the intentional. This concentrated encounter with nonsense is more a documentary than a story. However humorous and sorrowful the girl is, it isn't her fault; it is a statement of accounts, the marks left by burns of 27-year-old Yoshihiro Tatsuki.

Commentary: Shinichi Kusamori

Source: "Yoshihiro Tatsuki Photograph Collection A Fallen Angel," Camera Mainichi April 1965 issue

プロフィール/Profile

1937年、徳島県・徳島市の写真館に生まれる。1958年、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)技術科卒業。その後、広告制作会社アドセンター設立時にカメラマンとして参加。1969年、フリーランスとなり、女性写真の分野で多くの作品を発表する一方、広告・雑誌・出版など幅広い分野で活動し、現在に至る。主な写真集に1971年『GIRL』、『私生活・加賀まり子』、1980年『MY AMERICA』、1990年『家族の肖像』、1998年『東寺』、2001年『KOBE・ひと』、2007年『ありふれた景色』、2012年『小女』『Tokyoto』、『Yoshihiro Tatsuki 1〜8』『étude』など、ほか多数。


images-1.jpeg